×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

卒業旅行の沖縄観光地

卒業旅行のシーズンといえば1月から3月ですから、国内旅行人気ランキングでも常に上位にあがっている暖かい沖縄に人気があります。卒業旅行が3月ならば、天気が良ければビーチで遊ぶことも出来るので、一足早い海水浴がハワイやグアムに行かなくても体験出来るかもしれませんよね。

卒業旅行生に人気の沖縄は、四季が日本本土とは異なり独特の文化があります。それに沖縄には、豊かな南国の海や大自然がいまだ手つかずのまま残されています。

沖縄の卒業旅行ならまだ知らない貴重な体験ができるかもしれません。沖縄に卒業旅行に行くなら外せない観光地は、首里城です。2000年に首里城をはじめとする琉球王朝の文化遺産郡が9つ世界文化遺産に登録されていて、一見の価値はあります。

首里城の周りには沖縄県立博物館もありますから、合わせて見学できます。沖縄の卒業旅行に人気なのが、巨大アクリルパネルを持つ世界最大級の水槽「黒潮の海」で、体長7メートルというジンベエザメやオニイトマキエイ(マンタ)の神秘的な姿を間近に見れる「沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館」 があります。

ちゅらうみとは、沖縄の言葉で清い海という意味合いを持っています。他の卒業旅行先とオススメなのは、おきなわワールドのスーパーエイサーというショーです。このおきなわワールドにはフルーツ園や旧玉泉洞なども併設し、黄金の杯は照明によって幻想的な雰囲気を楽しめます。


>>旅行ガイド【沖縄】<<

沖縄の卒業旅行でショッピング

卒業旅行で沖縄といえば米軍基地も思いだされます。沖縄の米軍の家族が行なっているフリーマーケットは卒業旅行の学生の間でも人気があります。卒業旅行に来た学生が好むであろう雑貨や洋服、靴のほかに軍服なども販売しています。

沖縄の卒業旅行でショピングしたい女性には「DFSギャラリア・沖縄」があります。那覇空港からモノレールで約18分。国内の卒業旅行ながら免税で買い物ができる、お得なラグジュアリーショッピングスポットです。

免税ショッピングの手順は、最初に「DFSギャラリア・沖縄」の受付で航空券を提示して免税用ショッピングカードを作成してもらいます。以降はそのカードを使って出発時刻の2時間前まで免税ショッピングが楽しめます。

沖縄アウトレットモールあしびなーへは、那覇空港・赤領駅より無料シャトルバスあり、約70余の人気ブランドのアウトレットショップが揃っています。PLAZAHOUSEは沖縄市にある老舗のショッピングセンターで、個性豊かな34店舗が入っていて、卒業旅行の土産も買えます。

卒業旅行で沖縄を選んだとき、決められた観光ルートを回るより、第一牧志公設市場(那覇市)や那覇市若松公設市場(那覇市)などの市場を散策するもの楽しいですよ。

ところで沖縄出身の芸能人には、女優の仲間由紀恵さん(浦染市)はじめ、CanCamモデルの山田優さんと弟の山田親太郎さん(沖縄市)、モデルの黒木メイサさん(名護市)などがいます。

>>【温泉】ホテル・旅館ランキング(沖縄)<<

卒業旅行で沖縄料理を味わう

卒業旅行で沖縄へいったら医食同源の思想を受けた「沖縄料理」を味わってください。沖縄名物を卒業旅行で食べるなら琉球語で「混ぜこぜにした」というような意味のチャンプルーです。

沖縄独特の固い豆腐を中心にした炒め物で、代表的なチャンプルーがゴーヤーを含めた野菜、豆腐などを材料としたのが、ゴーヤーチャンプルーです。豆腐チャンプルーは豆腐を主役として、他の野菜やポーク等があまり無いものです。

卒業旅行で沖縄へ行ったら名物「豚肉料理」も食べてみたい料理です。豚肉をよく煮込み、余分な脂肪が抜け出て良質のタンパク質だけの健康的な料理です。

有名なのは豚の角煮であるラフテーや煮込んでやわらかくした豚のあばら肉がソーキです。沖縄そばの具材としても用いられ、ソーキがのった沖縄そばを「ソーキそば」と呼びます。

このソーキそばも卒業旅行で人気です。「沖縄そば」と呼はれるもののソバ粉は全く使わずに、小麦粉100%の麺で、うどんの一種であるようですね。沖縄卒業旅行の家族への土産に名物の泡盛があります。タイ米が原料で黒麹菌を用いた米麹の黒麹によって発酵のもろみの蒸留酒です。

「泡盛」製造時の副産物であるもろみ(酒粕)を加工した黒麹酢が近年の健康ブームの中で人気があります。やはり沖縄の卒業旅行の土産といったらトロピカルフルーツです。マンゴーやパパイヤ、それにパイナップル、ドラゴンフルーツといった果物があります。

>> 沖縄名物めぐり



->

Copyright © 2009 卒業旅行情報【沖縄編】

私もやりたい!芸能人ダイエット